舐められフェイスの”騙されない”術

ライター連載企画

死んだばっちゃ(※健在)は言いました、「街で道を聞かれるような人になりなさい」と。

私はよく食べよく飲みよく遊び、すくすく育って、やがて旅先であっても必死に地図とにらめっこをしていても、道を聞かれるようになりました。

 

ところが、近づいてくるのは純粋に道に迷った人だけではありませんでした。

 

しつこいキャッチや程度の低いナンパ、怪しいネットビジネスやいい加減なライバー事務所の勧誘、理不尽なクレーマー。

 

人生迷子の困ったちゃんまでが、私のもとにやってくるようになったのです。

 

……めでたくなし、めでたくなし。

 

さて、人は見た目で判断する生き物だ。

 

私は昔から顔面の戦闘力が著しく低い。

 

親友からは”憲法9条顔”とネタにされている。

”親しみやすい”といえば聞こえはいいが、要するに舐められフェイスということだ。

 

強そうなメイクやファッションで武装をしても限度があり、どうしたって人のよさは顔に滲み出てしまう。

 

そんなこんなでターゲットにされやすい私は、今まで少なからず人の悪意に触れてきた。まったく失礼な話だが、お陰である程度は人を見る目が養われた。近づいてくる者を避けるのは難しくとも、騙されないように対策するのは可能だ。

 

というわけで”いいカモ”仲間たち、警戒レベルは最大まで引き上げよう!

 

以下、私が心掛けていること。

 

①(基本的に)向こうから近づいてくる人は信用するな

よっぽどの美貌とスタイルの持ち主でない限り、大手事務所からのスカウトはあり得ないように、押せばイケそうなオンナほどナンパされるように、ちょうどいいくらいが一番狙われやすい。

 

悔しいからしっかりシカトして”チョロそう”のレッテルを剥がそう。

 

特に普段、恋愛でも仕事でもなんでも”待ちの姿勢”でいる人は気をつけた方がいい。なんなら必要に応じて自分から行動する方が安全だ。

 

②悩み=弱み

悪い人は聞き上手である。距離の詰め方も総じてスピーディーだ。

 
そして悩みを聞き出し、寄り添うフリをしながら巧みに誘導する。

私は”悩みを打ち明ける=弱みを見せる”ことだと思っている。出逢って数回で簡単に弱みを握らせるんじゃないよ。

 

③チグハグに敏感になれ

なんだろう…言っていることは立派なのに中身が薄い。
この人、なんか笑い方が不自然なんだよな。
収入源が複数あって充実してるとか言う割に、着ている服が安っぽい。

 

そんじょそこらに蔓延っているレベルの悪い人であれば、必ずどこかに矛盾が生じている。よく観察しよう、違和感はめちゃくちゃ当たるぞ。

 

④最終的に信じるかどうかは自分が決める

騙されて裏切られてもいいと思えるほどの人間か?を冷静に自問しよう。

 
それでも信じるに値する相手だと判断したら、全部自己責任で信じることにする。

その場合も、もし付き合っていくうちに違和感センサーが反応したら速攻で距離を置こう。

一度信じたからといって、律儀に最後まで信じ抜く必要はない。

 

随分疑り深くなったものだと悲しくなってきたが、仕方あるまい。自分の身は自分で守るしかないのだから。

 

それではみなさん、よい舐められライフを!!泣

タイトルとURLをコピーしました