小学校受験を経験した人向けインタビュースタート!

小学校受験

こんにちは!旅する複業家 林知佳です。

今回また新企画をスタートさせます。

 

わたくし小学校受験をしまして、私立の女子校に通い、中3まで通っていました。

 

「なんか違和感」を感じたのは、小学校4年生のころ

 

でも何がおかしいのか分からず、モヤモヤする日々。

そのモヤモヤは大人まで続きました。

 

環境のせいにするのはおかしいけど、

あまりにも「選択肢」を知らなすぎた。

 

そんな私がインタビューをする、「誰かの考えの一つ」になることを願うメディアの誕生です。

第一回目の私は、自分で自分をインタビューさせていただきます(笑)

第一回ゲストの林知佳さん

小学校受験の記憶は・・?

林さん、この度はありがとうございます。
今回色々とお聞きしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

こちらこそ!お呼びいただきありがとうございます。

早速ですが、お話しお聞きしていきます。

小学校受験をしたことがあると言うことでしたが、「塾」は行っておられましたか?

はい!幼稚園の時から通っておりました。

やはり塾には通うんですね・・!

ちなみに、塾はどんなことするんですか?

あんまり覚えてないんですけど、縄跳びでリボン結びをしたり、りんごの数数えたりしていた気がします。

あとお礼の仕方とか!!

ほお・・!そんなことをするんですね!!

小学校受験をされて、その後通われたと思うんですけど、いつまでその学校に通っていたんですか?

小学校から大学まである学校でしたが、私は中3で卒業し、別の学校にいきました。

差し支えなければ、学校名とどうしてその学校に通われたか教えていただけますか?

学校名は、「聖母被昇天学院小学校」と言う学校です。

なぜこの学校を受験したかの経緯は、実は知らないんですよ。
両親が「ここ」と言う感じで・・選択肢は何個かあったようなんですけど、幼稚園ながらに「その学校に行くんだな」と思ってました。

なるほど〜!

学校に通っていた時「嫌だな」と感じた時はありましたか?

ありましたね・・!
と言うか、正直嫌で嫌で仕方なかったです。

小学校4年生くらいで、黒いランドセルを背負ってることが、一般的な小学生からすると少数派で「女の子は赤いランドセルなんだ」と幼いながら違和感を感じてました。

今思うと、大多数に憧れを抱いていたわけですけどね!
まあ、今なら少数派の方がおいしいと思いますけど(笑)

あ〜!確かに!
今だったらその環境を楽しめるかもしれないですよね。

大人になってから私立に通っていたことが、プラスに転じたことはありましたか?

そうですね・・プラス・・(少し考えて)

当時の友達とも今は、あまり繋がっておらず、当時の楽しかった記憶があるかないか・・で言うと、本当に極めて少ないです。

ただあの時があったから今があるので、純粋によかったとは思います。
公立の小学校に入っていたら、今の人生はきっとないと思うので!

確かにそうですよね!前向きでポジティブですね。

もしお子さんができたとして、そのお子さんを私立の小学校に通わせたいと思いますか?

ん〜!どちらでもいいかなと思います。
ちゃんと幼いながらにも「選択肢」を与えてあげたいなと思います。

本日は、たくさんお答えいただき、ありがとうございました!

(当インタビューは自作自演ですが、真実です)

いろんな考え方がある

私(ライターとしての林に戻ります)は、小学校受験をしていて、高校、大学と受験して学校を卒業しました。

ずっと自分の「意思」を持って選んだつもりだったけど、結局、選択肢を知ることは、だいぶ大人になるまでなかったです。

 

その選択肢を知れたのは、28歳くらいの時。

一人暮らしをしたり、上京をして選択肢が増えたのだと思います。

 

自分にとって知りたかった「選択肢」を今後も発信できるように頑張ります。


現在クラウドファンディングに挑戦中です!

ご支援いただけると嬉しいです。こちらから みられます。

タイトルとURLをコピーしました